2013年2月14日

利益が出たら税金はかかるのですか?

バイナリーオプションで儲けた人たくさんいると思います。さてその利益にかかる税金体系はどうなっているのでしょうか?

バイナリーオプションに限らず、投資を始める人は利益を上げるのが目的ですから、税金についても知っておくと安心です。

バイナリーオプションやFXなどの投資で得ることのできた利益は、雑収入として取り扱われるのですが、すべての雑収入が申告の対象になる訳ではありません。

雑収入は、一年間に20万円を越えた場合でなければ、申告する義務はありません。

しかし、バイナリーオプションの取引は、取引手数料がかからないことや、ベイアウト率が高いことなどから、利益を上げやすい投資方法として人気のあるものですから、一年間に上げる利益が20万円以上になることは十分考えられます。

せっかく取引で頑張って利益を上げても、税金の申告を忘れてしまうと、思わぬトラブルの元になることも考えられますから、ふだんから申告の手順について確認しておくことをおすすめします。

また、バイナリーオプションで利益を一年間に20万円以上上げられなかった人でも、「給与所得が2000万円以上の人」や、「勤務している会社以外から給与所得や退職所得以外の所得を得ている人」、などはバイナリーオプションでの利益が少なくても、申告しなければならないことがありますから、一度お近くの税務署などで相談してみることが必要です。

バイナリーオプションで得た利益は雑所得になりますか?確定申告の時どう申請すればいいでしょうか。教えてください。


バイナリーオプションに限らず投資を始めるときの目的は、取引を行って利益を上げ資産を増やすと言うことでしょう。

しかし、気が早いと思うかもしれませんが、今のうちから利益を上げた時のことも考えておかなければ、その時になって慌ててしまったり、余計なトラブルのものになることも考えられます。

バイナリーオプションで上げた利益にも、一定の金額以上の収入があった場合には、税金の申告をすることが義務付けられています。

バイナリーオプションの取引で得た収入は、一般的に雑収入として扱われます、この雑収入は1年間に20万円以上の収入があったときには、確定申告しなければいけません。

その時に、必要経費を申請するとその分の税金が控除されることがありますから、普段から領収書や支払い証明書などをファイルなどにまとめておくようにしてください。

主に取引口座への振込手数料や、バイナリーオプションの勉強をするための書籍やDVD、取引をするために使用するパソコンの購入費用などが、必要経費として認められることが多いようです。

このように、投資で成功したときのことをイメージすると、目先の取引だけを考えることだけでなく、将来のことを視野に入れることが出きるようになりますから、バイナリーオプションの取引をするときにも役に立つはずです。

ご質問・バイナリーオプション業者の口コミ受付中です!